TECHBOOST(テックブースト)の無料体験カウンセリングの内容まとめ

haruki
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
haruki
仕事辞めた24歳。35万→収入0円ニート。 退職し、現在はプログラミングスキルを身に着けるため勉強中。 退職やプログラミングについて主に発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

お疲れ様です、ハルキです。

今回はオンラインと通学両方選択可能なTechBoost(テックブースト)の無料体験カウンセリングを受けた内容をまとめました。
通学での受講は残念ながら東京なのでオンラインカウンセリングのみです。
通学での受講に興味のある方はごめんなさい、他のサイトなどを見る方がいいです…。

カウンセリングを受けるにあたって、HPを何度か見て質問も事前に考えて臨みました。
適当に受けたわけではないので、ちゃんと中身がある内容です。
ぜひ読んでください。

(HPに記載している内容は基本的に省いています。まずそちらを確認したい方は下記ボタンで遷移できます。)

TechBoost(テックブースト)の無料体験内容

HPに無料体験の流れが書いていたので、記述しておくと3つの流れです。

 

① カウンセリング

② カリキュラムの提案

③ 質疑応答

 

実際受けてみて大体同じような流れでしたね。
ただ、④として会社概要や料金の説明がありました。内容は基本HPに載っていることなのでこの記事では詳しく書きません。

①から実際の感じを書いていきます。

カウンセリング

カウンセリングでは、今の自分の状況を伝えます
プログラミングを学ぼうと思ったきっかけとか、独学で勉強していたらどこまでやっているのかとか自分のことを先に伝えます。
(僕の例だと、HTML・CSSを独学で勉強してPHPにも挑戦しているけど行き詰まってる、とか伝えましたね。)

あとは、年齢を聞かれて、今の年齢が就職の難易度としてはどれくらいかも教えてくれました。
僕は今24歳ですけど、それならまだ敷居は低いと言われました。(やっぱり若いうちに挑戦しておくものですね)

カリキュラムの提案

そんな感じでカウンセリングを受けてカリキュラムの提案をしてくれると思うんですけど、僕は学びたい言語とかコースも決めていたので提案はないに等しかったです。
悩んでいる方はアドバイスをもらえると思うのでその時に聞いてみましょう。

 

 

質疑応答

③の質疑応答ですが、一つアドバイスとして、まだ無料カウンセリングを受けていない人は質問を考えてからカウンセリングを受けましょう。
(ぶっちゃけ質問がないと進めづらいようです。何が知りたい・何が聞きたいか明確だとそこをメインに進めていけますしね。あと、自分で考えて質問していく人の方が将来の伸びしろがあると思います。)

僕は色々質問したのですが、質問もざっくりまとめて、回答の必要そうなところだけ書いていきます。

 

🔷カリキュラム内容は?

自己学習教材があるのでメインでその教材を進めていきます。途中に課題があり、回答をエンジニアにみてもらいます。
途中でわからないことがあったりオンラインでみてもらいたい場合「slack」というツールで質問できたりします

一つ素晴らしいと思ったのはオンラインの回数無制限だということ。
結構何回までと決められているスクールが多いですが、回数を気にせず教えてもらうことができますね。
教えて欲しいと思ったらすぐにslack内に投稿して、早くて数分後にレスポンスが返ってきます。
予約でレッスンを希望することも可能で、日時を記載して投稿すればいいようです。

このslackは他にも用途があり、現役エンジニアの人が情報を発信してくれたり雑談チャンネルで他のスクール生の近況をみたり交流もできるみたいです。
卒業生も在籍可能ですので、様々な方との交流ができると思います。
(あとで書きますが、卒業生はオンラインレッスンは受けられないなど制限ありでslackを利用できます。)

あとはプログラミング言語を学ぶのはもちろん必要ですが、その他のツールも学べることができます。
先ほどのslackもエンジニアなら大抵は使っているツールであり、使い方を覚えておく方がいいそうです。

さらにGitHubというツールなどプログラミング言語以外も学べるのは嬉しいですね。

 

🔷メンターは固定?

オンラインレッスン時、現役エンジニアがマンツーマンで教えてくれるそうですが、毎回変わったり固定だったりとスクールごとに違います。
TechBoost(テックブースト)では固定ではないそうです。
あと、TechBoost(テックブースト)ではメンターは進捗具合やモチベーション維持に務める人のことらしく、コードを教えてくれたりするエンジニアとはまた違います。
そのメンターは固定ですが、プログラミングに関しての質問やオンラインレッスンの相手は現役エンジニアということです。

ちなみにオンラインは平日10時〜22時、土日祝13時〜19時となっています。
土日は少し短いのでうまく調整して利用するといいかもしれません。

 

🔷最低3ヶ月は受講しなければならない?

3ヶ月は絶対に受講しなければならないようです。
エンジニアとして働くためのスキルを身に着けるためには必要だということです。
3ヶ月以降もスクールを受けるならそれ以降月額制となり月3万ほどかかります。
最初に何ヶ月コースか選択しなければならないよりかは、自分のペースで進められそうです(お金はかかりますが)。

また、最初に入学金を支払うのですが、一度何らかの理由で辞めてしまいまたスクールに入る際、入学金を再度払う必要はないそうです
体調を崩してしまい一度やめてまた戻ってくるという予期せぬ事態にも柔軟に対応できそうです。

就職が決まったりしてスクールを辞めてしまってもカリキュラムにあった自己教材は見れるようです。
あと先ほど少し言いましたが、slackも利用できます。
ただし、現役エンジニアに対する質問やオンラインレッスンは受けることはできません。

補足

無料カウンセリング当日に本申し込みすると1万円オフとなります。
出来るだけお得に利用したい方はうまく利用しましょう。

ざっとこんな感じかなと思います。
オンラインの担当してくれた方もとても対応が良く好印象です。やっぱり無料体験だけでも受ける・受けないで違いますね。
これを機にどこかの無料体験に申込んでみてはどうでしょうか?

他のプログラミングスクールの無料体験を記事にしていますので読んでみてください。
プログラミングスクールはどれがいいか悩むので、参考の一つにでもしていただけたらと思います。

それではお疲れ様でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
haruki
仕事辞めた24歳。35万→収入0円ニート。 退職し、現在はプログラミングスキルを身に着けるため勉強中。 退職やプログラミングについて主に発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらくブログ , 2019 All Rights Reserved.