【退職する勇気が出ません】勇気が出ないのは将来のビジョンが見えないからです。

haruki
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
haruki
仕事辞めた24歳。35万→収入0円ニート。 退職し、現在はプログラミングスキルを身に着けるため勉強中。 退職やプログラミングについて主に発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

お疲れ様です、ハルキです。

突然ですが退職しようと考えていても中々退職できない人って結構いませんか?
「退職」って何かマイナスなイメージを持たれているし、上司に退職しますと言いづらいのが世の中の風潮です。

退職に対するイメージ悪くない?

ハローネズミ

今退職を考えているけど勇気がなく辞められない人に、勇気を出してもらえる話をしようと思います。

 

結論として勇気が出ないのは 将来のビジョンが見えていないからです。
僕自身退職する前にひたすら将来の自分について考えまくりました。そして進みべき目標を決めました。

そしたら勇気が湧いてきて「退職します」と簡単に伝えることができました。
なぜ将来のビジョンを明確にすることで退職する勇気が湧いてきたのかを詳しく書いていこうと思います。

退職する勇気が出ない

退職する勇気が出ないことで悩むのは割と誰しもが思います。

退職するとなったら職場の人たちからどう思われるんだろうとか、退職後はちゃんとやっていけるんだろうかとか考えますよね。
そもそも上司に伝える段階でつまずいてしまいます。

僕自身もまあ同じようなことは考えましたね。避けて通れない道なのかなと感じます。
しかし、避けて通れないからといって「じゃあ通らないでいいか」とはならないはずです。
退職を考えている人は、通りたいけど通れないもどかしさに頭を抱えているはずです。

この「退職したいけど勇気が出ないために今の状況で停滞している人」に言いたいことは、悩んでいる時間がもったいないということです。

僕の失敗として悩みすぎたことです。時間を使いすぎました。
だからあなたには、時間を浪費しないよう悩む時間を最小限にしてほしいです。

退職する勇気を出すには将来のビジョンを明確にする

僕自身もっと早く気付いていればよかったのですが、退職する勇気を出すには自分の将来を明確にしていくことが必要なんです。

僕はこれからプログラミングスキルを学び、時間や場所を選ばず割と自由に働くことができる人生を生きたいという結論に至りました。
そして自分の将来を決めたとき、今の周囲の状況は望む将来に繋がっていない、早く目指す方向に進まなければならないと考えるようになりました。

 

 

目標(ゴール)をはっきりさせると、そこにたどり着くまでの道のりは通過点に過ぎません。

だから、退職するなんてことは目標までの小さなステップでしかないのです。

将来を明確にしたことで、退職することがちっぽけなことに思えてきました。
悩んでいる時間ももったいないと感じるようになりました。

 

 

ロールプレイングゲームで言えばラスボスを倒すことが目標であって、途中のステージでウロウロしてても仕方ないですよね。
しかし人生をゲームに例えたら、ボスを倒しにいかずに途中でさまよっているような人が多いです。

退職することは中ボスくらいのものです。さっさと倒して次のステージに行きましょう。

意外に退職している人が多い事実

ひと昔前は一つの会社に長く務める人が多いようでしたが、最近ではその考えは古くなりつつあります。

それは離職率を見てみると増加傾向にあるためです。数字に表れているので間違いないかなと思います。
(離職率は、一定期間内にどれほどの労働者が企業から離れたのかを指す数値です。転職者も含まれます。)

特に新卒者の離職率は高い傾向にあります。

 

大卒の平均離職率(平成26年度)

1年以内→約12.0%

2年以内→約23.0%

3年以内→約32.0%

 

3年目までに仕事を辞める人は全体の3割以上いるので、10人に3人程度辞めているんですね。
新卒入社後3年目前後で転職する人は、第二新卒と呼ばれており、このような言葉ができるほど離職する人がいる、ということです。

あなただけでなく周りの方々も今の職場を辞めようとしている、あるいは辞めた人は実は多い。

退職を考えていることは間違った考えではありません。今後やりたいことを明確に考えて、そこにたどり着くまでに退職が必要なら退職しましょう。

退職理由がないけど辞める→もう少し考えてから決めよう

もちろん、「なんとなく辞める」とかはしないほうがいいですよ。

今の仕事は別に面白くないし、疲れるし、給料そんなによくないし、残業多いし。
だから辞めます、とかは他の職場でも続かないかもしれません。
自分が就きたい仕事でなければ同じことを考え始めるからです。

次の職場でも同じことが繰り返されることになっちゃうよ

ハローネズミ

自分が面白いという仕事に就くことは難しいです。
面白いことが仕事として成り立たなければならないので、そこを目指すより「嫌いじゃない、あまり疲れない仕事」を探すほうが無難かなと思います。

給料がよくなくても、「給料のいい会社」より「給料は少ないけど残業なく休みが多い会社」に就職し在宅ワークなどで稼ぐほうが合理的かなと思います。
もちろん簡単ではないですが、本業の収入20万円の人が月5万円稼げるようになれば月25万円です。
リストラされても収入が0になるわけでもないので少し余裕が持てます。

話が少し脱線しましたが、明確なビジョンを決めてほしいのは退職後も自分の芯の部分がぶれない様にするためです。

今の仕事なんか嫌だ→転職→この職場なんか合わない→転職→この繰り返し

こうならないように退職理由は明確にしましょう。

退職を伝える勇気がまだ出ない

退職を伝える相手は上司ですが、怖くて言えないとか緊張して中々言い出せないとかはあります。

しかし、退職する勇気をもてば言えます。

 

と、説明しましたがそれでも言えない人。中には話を聞いてくれない場合もあります。
そういった場合には退職代行を利用するなど検討してみてはどうでしょうか。
利用料はかかりますが、それだけの価値があるサービスだからです。
詳しい話は別記事で書いていきます。

会社によっては社内メールが利用可能な場合もあります。
メールで「お話があります」と伝えると相手も察知して話しやすい雰囲気になるかもしれません。
話す前にワンクッション挟んでおくことでハードルが低くなります。

まとめ:退職することを目標にしてはいけない

退職することに焦点を当ててお話しましたが、退職がゴールではなく、通過点に過ぎません。

自分の将来を明確にして「退職なんかに悩んでいる暇はない」と思えたら、あとはサクッと辞めますと伝えて目指す未来に向かっていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
haruki
仕事辞めた24歳。35万→収入0円ニート。 退職し、現在はプログラミングスキルを身に着けるため勉強中。 退職やプログラミングについて主に発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらくブログ , 2018 All Rights Reserved.